【ベストバイガジェット2020】至高の大口径標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」

※この記事は、「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2020」の17日目の記事です。

はじめましての人ははじめまして。あがー(@__agar)です。突然知らないブログで参加してすみません。

年末恒例の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar」も今年で6回目。この記事にたどり着いている方にはおそらく説明不要かと思いますが、さらっと説明しておくと、12/1~12/25の25日間、毎年25人のブロガーがその年に買って一番良かった物を日替わりで紹介していくという企画です。

余談ですが、私は第4回(2018年)までの主催者でした。第5回(2019年)も別のブログで(初参加のふりをしつつ)参加したので一応皆勤賞らしいです。そんなことはさておき、さっそく今年の私的ベストバイをご紹介しましょう。

今年のベストバイは「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」

今年もそこそこ買い物はしましたし、気に入っている物、買って良かったと思う物も少なからずあります。しかし、どうも決め手に欠けるというか、「これが一番良かった!」と自信を持って言えるほど心を動かされたプロダクトはなかったというか……。

恒例行事だからアドベントカレンダーにとりあえずエントリーはしたものの、担当日の数日前まで、過去5年間にはなかったぐらい何も決まっていませんでした。

しかし、最後の最後にとんでもないやつが来ました。文句なしのベストバイです。

今回選んだのは、ニコンのZマウント用単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」。2020年12月11日に発売されたばかりの最新レンズです。実売価格は25万円ぐらい。

Zマウント向けの高性能シリーズ「S-Line」に属するレンズの1本で、焦点距離は50mm、開放F値は1.2。レンズ構成は15群17枚、ナノクリスタルコートやアルネオコートといった技術が使われています。

標準域の単焦点レンズとしては大柄で、望遠レンズのような迫力があり、レンズ単体での重量も1kgを超えます。価格とサイズという二段構えのふるいにかけられ、手を出せる人は多くはないでしょう。

私は今回、「複数の他マウントの機材を整理してZマウントにまとめる」という方向で機材整理を進めていたので、たまたま趣味のレンズに回せる多少の予算がありました。「100万のNoctは買えないけど、こっちなら行けるし買ってみるか」ぐらいの出来心だったのです。恐ろしいことに、スペックを読み流して公式サイトの撮影サンプルをチラ見した程度で買っています。カメラなんてやらない方がいいよ。

このレンズを知った時、大半の人は「50mmで25万?」「50mmで1kg?」など、何らかの要素で規格外ぶりに難色を示すはずです。

50mmの単焦点なんてどのシステムにも大抵ありますし、売れ筋のいわゆる撒き餌クラスなら2~3万円で手に入ります。NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sのような本気の標準単焦点、他社で言えばLUMIX S PRO 50mm F1.4やOtus 1.4/55あたりに手を出すような人は、もう手遅れレベルで沼に沈んでいるでしょう。

購入段階で人を選ぶレンズである一方、使い始めると実は非常に使いやすいレンズであることに驚かされました。

ここまでの大口径レンズともなれば普通、開放での写りはそれなりにクセがあるものです。ところがF1.2で試し撮りして極薄のピント面をじっくり見てみると、もはや「解像力を得るために絞る」という行為は不要そうなぐらいよく写っているのです。

レンズの性能を引き出すための制約を受けることがなく、どんな表現も受け止める高性能レンズという感じがします。

20201216-151556-0

20201216-142954-0

20201213-070624-0

20201213-070843-0

20201216-153911-0

無論、よく解像するだけのレンズではありません。美しく滑らかなボケ、透明感のあるクリアな描写。どこを取っても、いま新品で買える標準レンズの中では最高峰と思える異次元の写りです。

カメラやレンズを買って、1枚目から「これまで使ってきた物とは次元が違う」と衝撃を受けたのはRX1R II以来の体験でした。大好きな記事の一節をお借りして、結びとさせていただきます。

世界最高の車は買えなくとも、世界最高のレンズなら買うことができる。保険や車検の必要もありません。カメラって実は、リーズナブルな趣味ではないでしょうか。
――フォトヨドバシ「Carl Zeiss Otus 1.4/55」レビューより

→ NIKKOR Z 50mm f/1.2 S(Amazon)