ウォーターサーバーを導入した話

タイトルの通りです。最近、ウォーターサーバーを導入しました。

よくあるアフィリエイト記事……と見せかけて、この記事にはウォーターサーバーの広告は登場しませんし、当然ポジショントークでもないのでご安心を(これ、超適当な趣味ブログだし)。

特に水にこだわっているわけではなく興味もなかったのですが、昨年末に営業をかけてきたお兄さんが面白かったのでなんとなく気が向いて話に付き合っていたら、それなりに便利そうだし費用的にも許容範囲だから置いてみようかなと思えたので導入しました。

約2ヶ月使って、最初に届いた12Lボトル×2本をそろそろ使い終わるぐらいのタイミングなので、感想を書くには良い頃合いかな、と。

ウォーターサーバーも色々ありますが、うちのは「プレミアムウォーター」。本体は数種類あり、amadanaデザインのウォーターサーバーも料金据え置きで選べるということでそちらにしました。追加料金がかかっても良ければもっとかっこいいやつもあります。

採水地も北アルプスや阿蘇などから選べて、地域ごとに決められた最寄りの採水地なら送料無料というシステムです。追加料金を払ってまで産地を選ぶほどのこだわりはないので、送料がかからない富士吉田にしました。

良かったこと①:お湯を沸かす手間が省けた

ウォーターサーバーを導入して一番良かったことはお湯を沸かす手間が省けたことですね。いちいち電気ケトルで沸かすより電気代もかからないらしいですし(電気代気にしたことないけど)、待ち時間ナシでいつでも使えますし、わざわざ沸かしたのに残って無駄になるということもありません。

普通は「おいしい水が飲める」とか安全ガーって話が一位になるんでしょうけど、リアルな感想としてQoLに直結したのはこの要素ですね。

私はよく作業中のお供にリプトンの紅茶(黄色いティーバッグのやつ)をガブガブ飲んでいるので、忙しい時に手間なく淹れられるのは割と助かります。まあ目を覚ますために飲んでいるだけで味わっているわけではなく、時間を守らずティーバッグ入れっぱなしで濃くする程度の扱いなので、おいしい水を使う意味があるかはともかく。

もっともったいないけど、たまにカップ麺とかにも使っちゃう。「作業を中断せずにすぐに食べられるから便利なのに、お湯沸かして待ったら意味ないよね?」と言い聞かせています。まあそんなわけで、時短アイテムとしては導入して良かったと思っています。

良かったこと②:水も飲むようになった

水の味に興味はありませんでしたが、飲んでみると「おっ」と実感できるぐらいの違いはあります。いつの間にか水を飲む習慣ができましたね。まあ単なる水分摂取にカフェインや糖分もついてくるよりはいいんじゃない?知らんけど。

まあ、今住んでいるところは水道水も普通に飲めるレベルなので、前に住んでいた築30年マンションの頃に出会いたかったかなぁ……あそこは特にこだわりがなくても「絶対配管ボロいでしょ」って思うぐらい水まずかったし。

良かったこと③:一人でも無理なく使い切れる

「ウォーターサーバーって、オフィスに置いてあったり、お子さんがいて色々気を使っているご家庭にあったりはするけど、一人暮らしだとコストに見合わなくない?」というのが、売り込まれたときの第一印象でした。でも、意外とそうでもないんですよね。

プレミアムウォーターの場合、12L×2本が最小の配送単位なのですが、これを毎月となると一人ではさすがに多いし高い。しかし定期配送の停止を繰り返す裏技があって、事実上は2ヶ月に1回、ボトル2本の水を購入するだけで維持できます。均せば月間2,000円ぐらいなので、許容範囲ではないでしょうか。

微妙なこと①:チャイルドロックがめっちゃ邪魔

使ってみて微妙だったことも遠慮なく書いてしまおう……というほど無いんですけどね。

ひとつはウォーターサーバー本体のこと。熱湯も出る機械ですからチャイルドロックがついているのですが、これがとても邪魔で使いにくいです。

注ぎ口自体はドリンクバーなどでもよく見かけるような「コップでレバーを押すと水が出てくる」タイプなのですが、フタに隠されたロック解除ボタンを押しながらスタートしないといけないので両手で操作する必要があります。途中で手が滑ってレバーが戻ってしまうと地味にイライラ。

まあ熱湯は分かるよ、危ないもんね。でも、なんでこれ冷水のほうにもついてるの??

微妙なこと②:「ボトルを処分しやすい」というのは半分ホントで半分ウソ

セールストークの中で「おっ、いいね」と刺さった項目のひとつが「ボトルを返さなくていいから手間がかからないよ」という話。いろはすみたいに簡単に潰せて、プラごみとして捨てられるボトルを採用しているのです。

返却不要で処分が楽というのはまあ事実なのですが、ボトルがペラペラな分、配送時には丈夫な箱に入ってくるのでそっちを捨てるのが面倒ですし、ボトル単体ではグニャグニャすぎて安全に積めないので箱ごと保管するスペースが必要(2本セットで届くからね)。これなら丈夫なリターナブルボトルの方がトータルでは扱いやすい気がしますね。

色々書きましたが、おおむね満足ってことで。