スタバの「47ジモトフラペチーノ」を15都県分飲んでみた

スターバックスコーヒーの企画で、47都道府県それぞれのご当地フラペチーノが期間限定で発売されています。全種類制覇は困難ですが、なんとか機会を作って15都県分だけ飲んできたので簡単にレビューします。

「47 JIMOTO Frappuccino」について

「47 JIMOTO Frappuccino」は、2021年6月30日から8月3日まで実施されているキャンペーンです(※無くなり次第終了)。スターバックス日本上陸25周年記念企画の一環とのこと。

各都道府県のバリスタが考案した全47種類のフラペチーノが用意され、その土地のみで味わえます。一部、色や見た目で表現しているところもありますが、基本的には地域の名産品などを使った特別感のあるメニューが多いです。メニューの一覧は公式サイトへ。

#4 宮城 だっちゃ ずんだ抹茶 フラペチーノ

宮城県のジモトフラペチーノは「宮城 だっちゃ ずんだ抹茶 フラペチーノ」。名物のずんだ餅などで知られる、枝豆を使った「ずんだ餡」をフラペチーノに取り込むという、これ以外考えられないほどストレートなメニューです。

仙台には元々、地元の和菓子店が出している「ずんだシェイク」が名物として存在するので、フラペチーノとの組み合わせは成功が保証されているようなもの。意外にも先駆者に負けないほどしっかりした豆感があり、抹茶の存在感は控えめ。ホワイトチョコベースというところにスタバのフラペチーノらしさも出ていて、完成度が高い一杯でした。

#6 山形 好きだず ラ・フランス フラペチーノ

山形県のジモトフラペチーノは「山形 好きだず ラ・フランス フラペチーノ」。フルーツ王国の山形だけあって何が来てもおかしくありませんが、洋梨で来ましたか。

フルーツ系はやはり各地の名産品としてジモトフラペチーノに多数採用されているのですが、ミルクやホワイトチョコをベースにする県が多い中、山形のラ・フランスは少数派の純粋なジュースベース。さっぱり飲めるのがありがたいです。

ちなみに、そういった理由もあってジモトフラペチーノの中ではトップクラスに低カロリーな300kcal以下。茨城などの高カロリー勢と比べると倍以上の差が付いているのが恐ろしいですね。

#8 茨城 メロン いがっぺ クリーミー フラペチーノ

茨城県のジモトフラペチーノは「茨城 メロン いがっぺ クリーミー フラペチーノ」。魅力度ランキング最下位とか言われがちな茨城県ですが、いやいや、ジモトフラペチーノに関しては関東では一番魅力的だと思いますよ。

クリーミーなミルクにホワイトチョコ、メロンシロップという組み合わせで、味の相性が抜群に良いです。重めですがかなりおすすめ。

#9 栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ

栃木県のジモトフラペチーノは「栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ」。あまり期待しておらず、スタバ巡りをするルートの兼ね合いで通るからついでに飲んでおくぐらいのつもりだったのですが、想像よりもずっと個性的で楽しいメニューでした。

他にフラペチーノにできそうな特産品があるのに(いちごとか)、まさかの「雷様」ですよ。雷が多い土地で夏の風物詩だからって……あえてそんな要素をピックアップします!?雷を表現したパチパチキャンディが楽しく、これはある意味後にも先にもないフラペチーノかと。

#10 群馬 だんべぇ ヨーグルト マンゴー フラペチーノ

群馬県のジモトフラペチーノは「群馬 だんべぇ ヨーグルト マンゴー フラペチーノ」。レギュラーメニューのアレンジでこれも特別感が薄いように見えますが、県花の「れんげつつじ」をイメージした色、そしてヨーグルトの生産が盛んということが由来だそうです。

素材の相性は良いですし、爽やかで美味しいです。限定メニューとしてのお祭り感というより、普通にありそうなバランスの良いメニューですね。欲を言えばもうちょっと酸味があっても良いような気がします。

#11 埼玉 多彩玉 ストロベリー & シトラス フラペチーノ

埼玉県のジモトフラペチーノは「埼玉 多彩玉 ストロベリー & シトラス フラペチーノ」。“たさいたま”という一言足したくなるネーミングに色々言われていますが、味は間違いありません。

ストロベリーソースやシトラス果肉を使ったさっぱり系で、これもクリームではないタイプ。見た目も華やかで夏っぽいのが良いと思います。

#12 千葉 なごみ みたらし コーヒー クリーム フラペチーノ

千葉県のジモトフラペチーノは「千葉 なごみ みたらし コーヒー クリーム フラペチーノ」。醤油の生産量が多い県だからみたらしソースを使ったという、なかなかのキワモノですね。

みたらし×コーヒー×クリームという奇想天外な組み合わせのようで、飲んでみると意外と甘じょっぱさや香ばしさがうまくまとまっていて悪くないような……?想像するほどネタに走ったメニューではないです。

#13 東京 オリジン コーヒー ジェリー キャラメル フラペチーノ

東京都のジモトフラペチーノは「東京 オリジン コーヒー ジェリー キャラメル フラペチーノ」。地域性を出すというよりは、日本のスターバックスの原点ということを意識されたようです。

リザーブの店舗で焙煎した「TOKYOロースト」を使ったコーヒーベースのフラペチーノに、コーヒージェリーとキャラメルソースを合わせてあります。目新しさはなくとも良質な王道メニューですね。

#14 神奈川 サマー ブルー クリーム フラペチーノ

神奈川県のジモトフラペチーノは「神奈川 サマー ブルー クリーム フラペチーノ」。まぁ……出身者としてこんなことは言いたくないのですが、間違いなく今回一番のハズレ県ですね。

店舗数が少なくてレギュラーメニュー+α程度のメニューしか作れない中で頑張って考案されている県の「おいしいけど普通のとほぼ同じじゃない?」パターンとは違い、まったく新しいメニューを作れる体力がある上での駄作なのがなんとも。映えそうな見た目だけで味はマックシェイクの方がおいしいと思いますね。ある意味、横浜という街そのものの姿をよく現していると言われたら否定はしません。

愚痴が長くなりましたが、最後にこれだけ……神奈川に青い海なんか無くないです?(>青い海、青い空をイメージしたバタフライピーティーシロップ)

#15 新潟 ばっかいい 柿の種 チョコレート フラペチーノ

新潟県のジモトフラペチーノは「新潟 ばっかいい 柿の種 チョコレート フラペチーノ」。新潟といえば米、米菓、米菓といえば柿の種……という、実にご当地メニューらしいチョイスです。

ゲテモノ的な抵抗を感じる人もいなくはないと思いますが、柿の種チョコが世に出て久しい今となっては、柿の種×チョコはすでにゲテモノではなく証明済みの組み合わせと言っても良いでしょう。

このフラペチーノでは「柿の種チョコ」ではなくコーティングなしの「柿の種」をチョコフラペチーノに混ぜてあります。やや飲みにくさを感じるものの、ザクザクとした食感が楽しい一杯でした。

#16 富山 まるで スイカっちゃ フラペチーノ

富山県のジモトフラペチーノは「富山 まるで スイカっちゃ フラペチーノ」。生産量的には「スイカといえば富山」とは言えませんが、ジャンボスイカなどが有名ですし納得感はあるチョイスかと。私はこれを目当てにスタバ行脚を始めました。

山形のようなジュースベースの構成ではなく(レギュラーメニューから考えるとむしろそれがイレギュラー?)、ジュース+パッションティーがベースになっています。ホイップクリームや、スイカの見た目を表現したチョコレートソースと抹茶パウダーが混ざっていくとスイカの味がどんどん遠のいていくのが惜しいです。

美味しいけれど色々試してみたくなるメニューで、例えばマンゴーパッションティーフラペチーノでは定番の「ティー抜き」を試してみたり、上のホイップとチョコソースを抜いてみたり……近場でもっと気軽に行けたら「理想のスイカフラペチーノ」を追求してみたかったです。

#17 石川 いいじ 棒ほうじ茶 フラペチーノ

石川県のジモトフラペチーノは「石川 いいじ 棒ほうじ茶 フラペチーノ」。ちゃんと石川県らしいメニューである上に、フラペチーノ好きにとってほうじ茶はちょっと特別、というなかなかイケてるメニューです。

ほうじ茶フラペチーノって、バレンタイン商品の売り切れ時に登場して話題になったり、六本木の特殊店舗の専用メニューになっていたり、「レアキャラ」感があるんですよね。ただでさえレアなほうじ茶フラペチーノを、加賀らしい棒ほうじ茶で作ってくれるというのは粋な計らいではないでしょうか。

#19 山梨 ててっ!! ぶどう ホワイト チョコレート クリーム フラペチーノ

山梨県のジモトフラペチーノは「山梨 ててっ!! ぶどう ホワイト チョコレート クリーム フラペチーノ」。フルーツ大国ですし、ぶどうなら生産量的にも歴史的にも納得です。

フルーツ系のジモトフラペチーノを大きく分けると、山形や埼玉のようなジュース型と茨城のようなクリーム+シロップ型があるのですが、山梨は後者。基本はホワイトチョコレート味で、マーブル状に混ぜ込んだソースでぶどう味を入れてあるので味の変化が楽しめます。例えるなら、アイスの「パナップ」のような感覚です。

#20 長野 まろやか りんごバター キャラメル フラペチーノ

長野県のジモトフラペチーノは「長野 まろやか りんごバター キャラメル フラペチーノ」。「りんご」ではなく「りんごバター」なのがポイント。

こちらはフルーツ系ではなくデザート系と言えるフラペチーノです。近年人気の「りんごバター」をキャラメルと組み合わせ、一種のスイーツに仕上げられています。同じりんごでも青森県とは全然アプローチが違うのが面白いですね。

#21 岐阜 やおね 抹茶 コーヒージェリー フラペチーノ

岐阜県のジモトフラペチーノは「岐阜 やおね 抹茶 コーヒージェリー フラペチーノ」。コーヒージェリーを追加できる時期に通常の抹茶フラペチーノで流行ったカスタマイズに近い内容で、悪くない組み合わせですね。

「抹茶とチョコの組み合わせで優しい県民性を表現」「雄大な自然から川の岩や石をイメージしたコーヒージェリー」など、苦しい解説には思わず笑いそうになってしまいますが、名物の有無以前の話として店舗数や売上が少ないとジモトフラペチーノ専用の凝った資材を使いにくかったりしそうですし、その辺は鳥取や島根も同様なのかな?と思っています。

飲み歩いた感想

各地の特色を出した限定フラペチーノが47種類も同時に登場するという豪華な企画だけあって、発表時からSNSなどでは大きな反響がありましたし、店頭でもジモトフラペチーノ目当てのお客さんが列をなしている場面には多々遭遇しました。当日分を売り切ってしまう店舗も少なくないようで、個人的な話をすれば福島のジモトフラペチーノを結局飲めなかったのが悔しい限り。

人気の一方で、好評だったから来年また2回目……と簡単に用意できるような企画ではないようにも思います。いかにもご当地感のある魅力的な限定フラペチーノを用意できている県もあれば、だいぶ知恵を絞った感じの県(言ってしまえばこじつけっぽい)もありますし、店舗数がまだ少ない県を中心に「それ、元々ある資材の組み合わせじゃない?」という格差を感じるものもあります。

仮に別メニューで2回目をやるとなれば、エース級の当たりフラペチーノをもう一品出せる県は稀でしょう。次があるとしたら、同じメニューでの再開催、あるいは地方単位などで種類を減らして第2弾を出すのが妥当な落とし所ではないでしょうか。

移動に心理的制約がある人も多い時期の開催でしたし、来年あたりに同じメニューで再開催しても新鮮に楽しめる人が多いのではないかと思います。次の機会があれば、個人的には今回行けなかった九州や四国の店舗にも行ってみたいですね。