2021年4月〜6月のお買い物まとめ

2021年ももう折り返し地点。この記事では、2021年4月~6月に買った物たちをまとめて振り返ってみます。前回(1~3月)の記事は以下に。

iPhone 12 mini

モデルサイクル的には6月に買うのはビミョーですが、買っておかないとダメかも?と怪しげな雰囲気を察知したのでいまさら購入。これで普通に後継機が出たら笑ってやってください。

使ってみた感想としては、ハードは今ある小型機の中でベスト、ソフトが惜しい。詳しくは以下の記事でグダグダ書いたのでそちらで。

OPPO Reno5 A

売れ筋の日本仕様ミドルレンジ、3代目の実力はいかに……ということで今回も発売日に買いましたが、うーん。悪くはないんですよ。普通にまともに使える機種ではあるんです。

しかし5GとかeSIMとか、ターゲット層を考えると正直あまりいらないと思われてもおかしくないところが強化された一方で、そのしわ寄せで先代・先々代の「おっ、この値段でここまでやるのか!」という魅力でもあった画面内指紋認証や有機ELが犠牲になってしまったんですよね……。値段も上がりましたし、これまでのようにコスパ圧勝でSIMフリースマホはこれ買っとけば間違いない!って感じではないのが残念。

Reno5 Aの発売後に発表されたXiaomiの「Mi 11 Lite 5G」がまったく同じ値段でもっとイケてる仕様だったので、今はそちらが気になっています。

ThinkPad X395

現行機種ではないので今更感がありますが(ブログのネタにもしませんでした)、Ryzenノートを一度使ってみたいなと思っていたらThinkPad X395が安く転がっていたのでサブ機として捕獲。

最新ではないRyzen 5 PRO 3500U搭載機なので今更どうこう言う話でもないのですが、AC接続時とモバイル時のパフォーマンスの差が激しいこと、排熱が追いついていないこと(ここは4000シリーズでは改善されているようです)、Chromeのハードウェアアクセラレーションを切らないとYouTubeの動画再生ごときでまれにカクつくことなど、Intel機ほど何も考えずには使えないかなーという印象でした。

ThinkVision S28u-10

短い間ながらメインディスプレイとして活躍してくれていた、DELLの34インチ曲面ウルトラワイドモニター「U3419W」くんが地震で破壊されて退場してしまったので、代わりのメインディスプレイとして購入しました。

ごく普通の28インチ4Kモニターです。USB-C 1本で云々とかもできない平凡な物ですが、最近の情勢ではどこのメーカーもモニターの納期が長期化しがちなので、即納で買える4Kモニターを選んだ結果これになりました。まあ、1枚で10万とかしないから何かあってもダメージが少なくていいんじゃないですかね?

ThinkVision T22v-20

こちらはサブモニターとして購入しました。今ではすっかり少数派の21.5型で、それでいてフルHDのIPS液晶。しかし最大の特徴はモニター本体ではなく、Webカメラ・マイク・スピーカーを内蔵したリモートワークにうってつけの仕様だということです。

肝心のWebカメラの画質がそこらの安物以下なので、もうちょっとスペックアップしてくれるといいんですけどねー……元々はイロモノ的な存在だったと思いますが、このご時世ですから需要は増したでしょうし、このコンセプトの次回作があるならしっかり進化させてくれるといいなと期待しています。

Google Nest Hub(第1世代)

Googleの画面付きスマートスピーカー(スマートディスプレイ)。あえて旧型を購入したのは、あちこちで処分価格になっているからということもありますが、アップデートでGoogleの新OS「Fuchsia」を搭載する最初の製品になるということで、手元に置いておきたかったからです。

今のところ、私のNest HubにはまだFuchsiaは来ていない様子。もっとも、元々Nest HubのUIはFlutterで作られていて、OSが変わってもユーザー視点で目に見える変化はないようですけれどね。

プラスマイナスゼロ 電子計算機 M

KDDI MUSEUMで今なお色褪せない「au Design project」の全製品および歴代コンセプトモデルを眺めてテンションアゲアゲで帰って来た後、深澤直人デザインのイケてるデザイナーズガジェットを何か手元に置きたいなあと調べていて発見。

まあ普通の電卓なんですが、見た目が良いのでいつも見えるところに置いておきたくなります。

Belt Tie

こちらはクラウドファンディングでゲットした小物。簡単に言えば充電器にケーブルを巻いて留めておくためのバンドでしかないものの、手触りや作りが良く、期待した以上に良いもの感がありました。

iPhoneやMac向けのサイズ設定になっていますが、それ以外でも普通に使えます。国内でもすでに市販化されているので、いくつか買っておきたいですねぇ。

Galaxy S10 店頭サイン

携帯電話・スマートフォンのモックアップを専門に取り扱っている某店(って、そんな店いくつもないですよね)のメルマガを眺めていたら、変わった物が入荷されていたので衝動買い。

Galaxy S10/S10+の店頭展示で使われていた光るPOPです。意外と凝った作りでオブジェとしてもカッコいいけど扱いに困りますね。USB給電で光ります。

エスペリア スーパーダウンサス

前回(1~3月)のお買い物まとめで書いた通り、スポーツタイヤ(パイロットスポーツ4)をマイカーのシビックに履かせました。

そしたら次は車高も少し落とした方が走りやすいよね、ということでダウンサスを導入。取り付け・アライメント工賃込みで安かったので、埼玉県のKTS FACTORYさんにお願いしました。

長く乗るかは分からないのでひとまず車高調は入れずに低予算コース、ダウンサスで妥協……というつもりでしたが、周囲の友人のダウンサス装着車と比べるとそれほど破壊的な乗り心地にはなっていない方かな?とも思います(もちろん良くはないのですが)。

ゲーミングチェア

本田技研工業製のゲーミングチェア(?)です。月内に取り付ける暇がなかったので詳細はまた今度。