iPhoneの「MagSafe」充電器をAndroidスマホ(Pixel 5)で使ってみた

2020年秋の「iPhone 12」シリーズ発売に合わせて、「MagSafe」という新型充電器が登場しました。普通の充電ケーブルとも、充電台に置くタイプのワイヤレス充電とも少し違い、小さな丸い充電パッドを貼り付けるだけで充電できるという第三の充電スタイルです。

新しい充電方式だから最新のiPhone 12シリーズでしか使えない……と考えるのが普通だと思いますが、実は、他の機種でもMagSafe充電器を使えます。具体的には、iPhone 11以前のワイヤレス充電対応機種やAirPodsのワイヤレス充電ケース付きモデルにも対応しています。

今回は、検証のためにApple純正の「MagSafe充電器」を購入しました。USBケーブルの先端にMagSafeの充電パッドが付いた簡素な物ですが、価格は4,950円(税込、以下同)とお高め。

純正品らしい作りの良さはありますが、消耗品としてはちょっといただけないところではあります。“充電器”という商品名と高めの価格設定、iPhone 12にはACアダプターが付属しないことなどの複合的な要因から「ACアダプターもセットでこの値段なのかな?」と勘違いして買ってしまう人もいそうですが、あくまでケーブルだけでこの値段です。

ちなみに、iPhone充電時のフル性能(15Wワイヤレス充電)を発揮させるには、MagSafe充電器と組み合わせるACアダプターは「20W USB-C電源アダプタ」一択です。そちらは2,200円なので、MagSafeをちゃんと使おうとすると7,000円コースですね。MagSafeの特徴を考えるとさらに別売りのスタンドも欲しくなるでしょう。

MagSafe充電器が高いという話はさておき、本題に戻ります。今回は、ワイヤレス充電に対応しているAndroidスマートフォン「Pixel 5」を充電できるか試してみました。

結果としては、充電可。低速ではありますが一応充電できました。

そもそも新型充電器なのになぜiPhone 12以外でも使えるのかというと、MagSafeの充電パッドそのものは特に技術的に新しいものではなく、Qi規格との互換性があります。普通の充電パッドの周りに、iPhone 12(以降)とピタッとくっつくリング状のマグネットが内蔵されているだけなのです。

普通のQi対応端末にはiPhone 12のようなリング状のマグネットは内蔵されていませんから、MagSafe充電器ならではの位置合わせ不要で自然と定位置に収まるような使い心地ではありませんし、サードパーティ製のスタンドと組み合わせて(MagSafeの磁力で)宙に浮かせながら充電することもできません。

あくまで普通の充電はできるというだけなので、iPhone 12を買う予定がないのにわざわざMagSafe充電器を買う価値はないでしょうが、「一応使える」ということを知っておくと、複数台持ちなどで役立つ場面はありそうですね。