ノイキャン重視ならコレ!ワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM3」1年半使用レビュー

SONYから2019年7月に発売されたフルワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」。発売翌月に購入し、1年半ほど使用した感想を交えて、遅ればせながらレビューしたいと思います。

「WF-1000XM3」ってどんなイヤホン?

WF-1000XM3は、SONYから2019年7月13日に発売されたフルワイヤレス(トゥルーワイヤレス、完全ワイヤレス)型のイヤホンです。

SONYのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン・ヘッドホンとしては上位モデルと位置付けられる「1000X」シリーズの一員で、フルワイヤレスの1000Xとしては2代目にあたります(M2は欠番)。他のタイプとしては、ヘッドホンのWH-1000Xシリーズやネックバンド(首掛け)型のWI-1000Xシリーズがあります。

フルワイヤレスとしては業界最高クラス(発表当時、SONY調べ)のノイズキャンセリング性能を誇り、SONY製品ではおなじみの高音質化技術「DSEE HX」をフルワイヤレスイヤホンでは初めて搭載したモデルでした。

また、前モデル(WF-1000X)からの大きな変更点としては通信周りも見直されており、アンテナの改良や、左右の本体それぞれに同時伝送する通信方式の採用などによって、接続安定性が格段に高まりました。

Source:プレスリリース

使ってみて良かったところ

長所①:フルワイヤレスイヤホンとしては期待以上の音質

フルワイヤレスイヤホンって、基本的には音質よりも利便性を取った選択肢ですよね。ケーブルからの解放、携帯性の高さなど、何かしらの使い勝手を理由に手を出すもので、購入時の第一条件に「音質」が来ることは少ないと思います。

下手したらラフに聞き流す用途だから音が鳴ればなんでもいい……なんて人も少なくないはず。AirPodsなんて「利便性>音質」な新時代のイヤホンの典型的な例でしょう。

その点、WF-1000XM3は世間一般のフルワイヤレスイヤホンの音に対する要求水準よりはずっと良い音です。傾向としては、バランス良く鳴っているけれど少し低音が強めのいかにもSONYっぽい音。割と曲のジャンルを問わず使いやすいと思います。

対応コーデックがSBC/AACのみ(aptX系やLDACには非対応)ということをやたら気にする人もいますが、「SBC=低音質、aptX=高音質」というのはマーケティング戦略上の刷り込みによるところも大きいですし、仮にそれが“高音質コーデック”だとして、出口となるドライバーなどがプアなら意味がないわけで。この機種に限らず、結局は聴いてみて判断するしかありません。

とはいえ、フルワイヤレスイヤホンが広く普及した2021年現在では、音質重視の機種も珍しくなくなってきているので、音だけならもっと良い選択肢があるはずです。

長所②:2021年現在でも一線級のノイズキャンセリング性能

一方、もうひとつの売りであるノイズキャンセリングに関しては2021年現在でも一級品です。

それなりの音質で強力なアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を持つフルワイヤレスイヤホンはそれほど増えておらず、ノウハウが豊富なSONYとBOSEの2強。iPhoneユーザーならそこにAirPods Proが割り込んでくるかな?という程度です。

低価格でもANC、開放型でもANCという別路線の選択肢はけっこう増えましたが、正統派のANC対応高音質フルワイヤレスイヤホンに関しては1年半経ってもさほど状況が変わっていません。SONYかBOSEかとなると、BOSEは低音ドゥンドゥンな「BOSE好きな人が好む音」なので好き嫌いがハッキリ分かれますし、万人向けとしては今でもWF-1000XM3が選ばれる理由はあるでしょう。

あくまでも「フルワイヤレスイヤホンとしては」という前提になりますがノイズキャンセリングはそれなりに良く効きますし、簡単な操作でとっさに周囲の音を聞けるのも便利です。

長所③:旧型とは比べ物にならない接続安定性

時々「安いから旧型(WF-1000X)でもいい?」と聞かれることがありましたが(最近はさすがに流通量が減ったのかあまり聞きませんね)、ハッキリ言ってその妥協はダメです。絶対にオススメしません。

先代のWF-1000XはSONY初のフルワイヤレスイヤホンで、一発目から自慢のノイズキャンセリング機能を引っさげて登場したのですから注目度の高い機種でした。しかし、蓋を開けてみればあまりの出来の悪さに大不評を買ったのです。後のソフトウェアアップデートである程度は改善されましたけどね。

初代WF-1000Xが叩かれた理由はいくつかありましたが、最大の欠点は接続安定性の悪さ。2代目のWF-1000XM3では当然そこを改善していて、「スマホ→左イヤホン→右イヤホン」のようなリレー式ではなく、「左イヤホン←スマホ→右イヤホン」の独立接続、左右同時伝送に改めています。

これに関しては長所というより大前提としてM3を選ぶべき理由とも言えますが、「SONYのフルワイヤレスイヤホンが欲しい」なら、ケチって旧型を選ぶのではなく、WF-1000XM3やWF-SP800Nなどの左右同時伝送の機種を選ぶべきです。

なお、旧型と比べればマシというだけであって、ネックバンド型のWI-1000Xや他社のフルワイヤレスイヤホンと比べれば接続安定性は劣ります。混雑する主要ターミナル駅を通るような通勤経路の人には向かないかも(まあ今となっては……ですが)。

微妙なところ・不満なところ

不満点①:ケースが傷つきやすい

これは発売当時から言われていたことですが、WF-1000XM3のケースはとても傷付きやすいです。

下側の黒い部分はソフトな質感の塗装が施されていて、爪や物が当たると引っかき傷のようなものが残りやすいです。ゴールドのフタ部分は光沢のある塗装なのでこちらは大丈夫かと思いきや、長く使っているとこちら側も意外と傷が目立ってきます。

とにかく全体的に綺麗に使い続けるのは難しいので、リセールバリューを気にする人は、馬鹿らしくも思えますが「ケースのケース」を着けることも検討した方が良いかもしれませんね。イヤホン本体はそれほどでもないです。

ケース繋がりでもうひとつ不満点を挙げるなら、ケースが大きめなことも人によっては気になるでしょう。AirPodsのケースのようにコインポケットに入れるというわけには行きません。それでも、妙に長かった初代のケースよりはマシなのですが。

不満点②:操作をアプリに依存しすぎ

WF-1000XM3は左右にタッチセンサーを備えており、一時停止や外音取り込みなどの簡易的な操作はスマートフォンを取り出さずにできます。しかし、大半の操作は専用アプリ(Headphones Connect)に依存しており、それでも大抵の場合は困らないのですが、たまにPCで使いたい場合などに音量ひとつ変えられずに困ります。

あ、Headphones Connect自体は段々まともになってきたと思いますよ。以前はイヤホンの音量設定(スマホの音量設定とは別)がメニューの深い階層に隠れていて、存在に気付けないまま「(スマホ側の音量を)最大にしても全然音小さいんだけど!?」なんてこともありましたから。把握しにくかったケースの電池残量をアプリで見られるようになったのも良いことです。

不満点③:マイク性能が悪い

これは発売当初はまったく気にならなかったんですけどね……。リモート会議などをするようになって気付きましたが、WF-1000XM3のマイクはまったく使い物になりません。音楽・動画用のイヤホンだと思っておきましょう。

まとめ

初代からM3へのモデルチェンジが約2年で行われたことを考えると、WF-1000XM3はもうモデル末期と考えても良い頃だと思います。それでも今も売れているフルワイヤレスイヤホンのベストセラーモデルであり、特にノイズキャンセリングを重視する人ならこれを選んでおけば間違いありません。

発売から時間が経っているおかげで今では2万円を切るほどまで値下がりしていますし、仮に今年モデルチェンジするとしても出始めはこれほど安くは買えないでしょうから、今からWF-1000XM3を買うのも悪くない、遅くないと思いますよ。